toggle
2022-02-19

山形県サウナ&水風呂 船形若あゆ温泉

山形県最上郡舟形町長沢にあります『舟形若あゆ温泉・あゆっこ村』さんの日帰り温泉施設のサウナ紹介となります。

船形若あゆ温泉 清流センターさんのサウナ・水風呂・外気浴についての詳細とまとめコメントをタキオン独自の観点にて記載しております。

船形若あゆ温泉という名前でもう行きたいと思い、訪問してみました。

ちなみに私が訪問した時は露天風呂が改修工事でしたので外気浴はわかりませんが昨年秋には改修工事を終えて、ロケーション抜群の露天風呂みたいですね。

アクセスとしても車でないと大変ですね。こちらは敷地内にあゆっこ村というコテージやキャンプ場もあるみたいです。

周りは山々なので水も良い・空気も美味い・長閑でとても良い場所でした。

それでは以下のポイントを押さえつつ、船形若あゆ温泉さんのサウナ・水風呂・外気浴を見ていきましょう!

舟形若あゆ温泉

タキオン

鮎のモニュメントがデカい! 

ここがPOINT!

  • 水が良いねー!
  • サウナ室はバスタオル必須!
  • 景色が最高!

ウナ室

引用元:舟形若あゆ温泉公式

サウナ室基本情報

  1. サウナ室温度:訪問時の温度計表示90°
  2. 構造&広さ:2段+1段
  3. サウナストーブ:対流式ストーブ
  4. サウナマット:なし
  5. テレビ:なし
  6. サウナタイマー:あり

ウナ室について

サウナ室温度

訪問時の温度計は約90°でした。まぁ標準と言えば標準で体感として湿度は低めのサウナ室でした。

構造&広さ

サウナ室入って前に1段座面と言うよりかは横長ベンチがあり、2段がある造りですね。

繋がってはいないL字と想像するとわかりやすいですね。それとサウナ室自体が少し薄暗かったです。

サウナストーブ

対流式ストーブでした。温度計がMETOSだったのでメーカーもMETOSかもしれないですね。

サウナマット

常設マットはありません。バスタオルを腰に巻くか敷くかマイマットを持参して入るのがルールみたいです。

100円でレンタルバスタオルがありますので必ず地元ルールは守りましょう!

テレビ・BGM等

テレビはありません。ヒーリングミュージックが流れてます。

サウナタイマー

METOSの温度計はあり、12分計はありませんがサウナ室の窓の外に時計がぶら下がっておりますが窓が曇っていたりで少々、見づらいですね…。

よく見る12分計は電池式では無いので時計の楽ですよね。

その他・コメント等

サウナ室は対流式ストーブでオーソドックスですね。人の出入りで顕著に温度変化が出そうな造りでしたね。

突出した所はありませんがサウナマットが無い代わりにバスタオルを敷くことを徹底されているので山形県らしいですね。


風呂

引用元:舟形若あゆ温泉公式

水風呂基本情報

  1. 構造&形:サウナ室の横にあり、1人用
  2. 水温:10月上旬訪問時は体感17°
  3. 冷却:なし
  4. 特徴:水温季節連動

風呂について

構造&形・動線

サウナ室出て、すぐ横にあり、1人用の水風呂があります。

水温

定期的に加水されております。

冷却

恐らく冷却はしていないと思われます。井水を使用して土地柄としても真冬は冷却しないでもかなりキンキンになると思われます。

その他・コメント等

水風呂もチラーを通さないで地場の水が味わえるので有難いです。

ここの水は良かったです。上記の通りに水温は季節連動で真冬はキンキンだと思いますがキンキンになる前に本来の水の良さが楽しめて良かったです。

何回も言うとりますがホンマに水を楽しむなら18°〜20°がベストですね。


気浴

引用元:舟形若あゆ温泉公式Twitter

外気浴基本情報

  1. 外気浴スペース:露天エリア
  2. 休憩イス:不明
  3. その他:訪問時改修工事中

気浴について

外気浴スペース

露天エリアがありますので外気浴出来ます。

休憩イス等

私が訪問した際は露天風呂が改修工事中で露天の感じはわからなかったです。

その他・コメント等

上記の写真をみると春〜秋は緑の自然と山々で冬場は雪景色の外気浴が出来そうですね。この露天風呂は真冬に入ってみたいですね。

メント

  • 下足は棚式で券売機にて入浴券を購入して受付に渡す。脱衣所はカゴ式が100円リターンのロッカーもあります。
  • 浴場内にシャンプー類は完備。
  • サウナ利用の場合はバスタオル等・マイマットが必要で100円でバスタオルレンタルあります。

山を登っていくとデッカい鮎のモニュメントが目印です。さすが若あゆ温泉という感じです。

館内に入るとそのまんま地方の日帰り温泉施設であり、なんだか落ち着きますね。

館内に入ると国宝の縄文の女神がお出迎えです。ここは鮎では無いんですね…。でも国宝がここにあるとはね!

湯上がり後はこのテラス席で雄大な山々を眺めながらビール片手に名物の鮎焼きを食べたいですね。ここの景色はホンマに抜群でしたね。

引用元:舟形若あゆ温泉公式Twitter

とめ

もうサウナがどうこう述べる施設では無いですね。ここは都会の謙遜を忘れさせてくれる風景や郷土的な物を楽しんで地方の温泉を味わうのが本来の楽しみ方です。

地方って言い方は失礼に聞こえるかもしれないですが入浴料400円でサウナも入れて、地場の水を楽しめるだけで十分です。

自分がもしこの近隣に住んでいたら常サウナとなるわけでセッティングどうこうではない楽しみ方をして下さい。

住めばサウナです。以上。

施設概要

施設名称 株式会社舟形町振興公社 舟形若あゆ温泉 清流センター
住所 山形県最上郡舟形町長沢8067
アクセス
  1. JR奥羽本線舟形駅よりタクシーで10分
  2. 東北中央自動車道東根ICから県道305・56号を舟形方面へ41km
TEL 0233-32-3655
営業時間
  1. 4月1日〜10月31日 8:00〜21:30
  2. 11月1日〜3月31日 8:30〜20:30
  3. サウナ利用は13:00より閉店まで
定休日 毎月第2水曜日 (1月のみ第4月火水曜日)
入館料
  • 大人 400円
  • サウナ利用貸しバスタオル:100円
駐車場 150台完備
公式HP 舟形若あゆ温泉 清流センター

さいごに

一緒にサウナ旅をする宇多田サウナの記事が掲載されております。併せて宜しくお願い致します!

※2021年12月28日発売の最新号です!SAUNA BROS vol.3では『弾丸サ旅 in 山形 報告メモ』というテーマで1泊2日で20施設巡った探検記!

SAUNA BROS vol.1では『肌師スペシャルトーク』というテーマで水風呂に特化した話と全国のオススメ水風呂を紹介!

『SAUNA BROS vol.2では『真髄サウナとサ界遺産を追い求めて』というテーマで全国47都道府県のサウナ施設を紹介!

   \\この記事をSNSでシェア//
関連記事