toggle
2022-01-10

山形県サウナ&水風呂 鳥海温泉保養センター あぽん西浜

山形県飽海郡遊佐町西浜にあります『鳥海温泉保養センター あぽん西浜』さんの日帰り温泉施設のサウナ紹介となります。

あぽん西浜さんのサウナ・水風呂・外気浴についての詳細とまとめコメントをタキオン独自の観点にて記載しております。

はるばる山形県の中でも日本海沿いの北部に位置し、秋田県との境目付近にあります『あぽん西浜』さんにお邪魔しました!

マップで見ましても秋田県がもう目と鼻先ですね。秋田県に近くなるとサウナマットの有無が気になりますね…。

今回は鶴岡市内に宿泊でしたので少し足を伸ばして来ちゃいました。トウホグサウナ委員会の方々のレビューからここはずっと来たいと思ってました。この水風呂のクオリティで400円の入館料は破格です。

そこを踏まえて以下のポイントを押さえつつ、あぽん西浜さんのサウナ・水風呂・外気浴を見ていきましょう!

あぽん西浜

タキオン

水が良いね!地元感満載!

ここがPOINT!

  • 地元の常連さんの会話がわからない!
  • サウナ室はしっかり熱い!
  • 水風呂も広くて深くてイキイキしてる!

ウナ室

引用元:あぽん西浜

サウナ室基本情報

  1. サウナ室温度:温度計約90°
  2. 構造&広さ:コの字の2段式
  3. サウナストーブ:対流式ストーブ
  4. サウナマット:なし
  5. テレビ:あり
  6. サウナタイマー:あり

ウナ室について

サウナ室温度

訪問時の温度計表示は約90°でした。夕方遅めの時間でしたがサウナ室は常連さんで賑わってました。

構造&広さ

コの字型の座面配置です。2段目のみが横式で10人くらいは入れる広さです。公式写真は綺麗に見えますが年季を感じるサウナ室です。でもその方が良い!

サウナストーブ

古めの長方形型の対流ストーブです。

サウナマット

ありません。山形県の他の記事でも記載している通りで山形サウナルールでマイマットを持参するかバスタオルをレンタルしましょう。

そしてストーブの所に雑巾が何十枚と積み重なっており、退室時はきちんと自分の汗を拭いてから出ないと常連さんに怒られちゃいます。

私も最初は雑巾を2枚拝借してお尻に敷いて、この使い方で合ってるかドキドキしながら入ってました。

地方は基本的には地元の方向けであり、一見さん向けに丁寧に店のルール等の案内も無いので初見は戸惑いますよね…。

テレビ・BGM等

テレビありますがピーク時に行くと地元のおっちゃんの庄内弁??の世間話ばかりが耳に入って来ます。

地元訛りなので何を話しているかもわかりませんがそれを楽しむのも地方サウナの醍醐味ですよね。

サウナタイマー

サウナタイマーは無かった記憶です…。確か砂時計が置いてあったと思うのですが曖昧ですいません。

その他・コメント等

サウナ室自体は温度計数値より体感熱く感じると思います。サウナ室自体がコンパクトであり、2段目に座ると天井からも近いために良い熱を受けれます。

それと個人的には横長の2段式とかではなく、ここのコの字+2段の座面配置もなんか好きですね。

カラカラでもなく、程よい湿感も良いですね。サウナ室単体でも良いんですが上記の通りにあぽん西浜のサウナ室のイメージは常連さんの地方訛りがとても印象付いちゃいました(笑)

山形県独自の汗は拭いて出るルールやマイマットかバスタオルを敷いて入る等もありますが料金も同等な秋田県と比べれば全然マシですね。逆にサウナの県民性が見えて私は好きです。


風呂

水風呂基本情報

  1. 構造&形:長方形型で5人は入れる
  2. 水温:10月中旬訪問時は体感17°
  3. 冷却:あり
  4. 特徴:広くて深い

風呂について

構造&形・動線

水風呂は広くて5人は入れる広さです。サウナ室のすぐ横にあります。

水温

10月中旬訪問時は体感として約17°程でした。

冷却

地下水使用ですが循環冷却に別ホースより掛け流しされてます。

その他・コメント等

水風呂が素晴らしいですね。鳥海山系の水風呂が直に味わえます。このサウナにこの水風呂有りと言いますか広さや深さも含めてサウナ愛好家なら喜ぶ水風呂ですね。

別ホースでさらに掛け流しされており、水もイキイキしております。山形県内でもトップクラスの水風呂と呼んでも良いでしょう。

水風呂後の肌への後感も中々良かったです。やっぱり地方はスゲー!


気浴

引用元:あぽん西浜

外気浴基本情報

  1. 外気浴スペース:露天エリア
  2. 休憩イス:サマーベッドやベンチ
  3. その他:休憩スペースも充実

気浴について

外気浴スペース

露天エリアにて外気浴可能ですがサマーベッド等は内湯の方にあります。

休憩イス等

サマーベッドにベンチがあります。

その他・コメント等

露天風呂がありますので外気浴は可能です。訪問した時は露天の土間?で横になっている人もいました。

サウナ関係無いですが露天風呂は掛け流しで何だか泉質も良さそうですね(入ってないのでわかりません)

メント

  • 下足はコインレスで受付近くに券売機があり、入浴券を購入して受付に渡す。
  • 脱衣所は基本カゴ式ですがロッカーもあります。浴場内にシャンプー類は完備です。

巷では山形のニューウイングと呼ばれているらしいですが私からするとどこが??っと突っ込みたくなりますが言いたくなるのも少しだけわかります。ニューウイング云々ではなくてね。

施設名の『あぽん』とは写真の説明通りで『母親が幼な子と一緒にお風呂に入ること』みたいですね。方言でね。ですがこの辺も過疎化までは行かないですが高齢者が多いですね。でもサウナ入ってて思いましたがみんな元気そうです。

この水風呂が400円で入れるって安過ぎです。当たり前ですが東京って何でも高いですよね…。確かにこのお値段でサウナと水風呂に入れるんだから自分の汗はきちんと拭いて出ろと言いたくなるのもわかる。

それに地方の良い所は営業時間も早い。掛け流し等が多いから清掃負担が少ないのもありますが朝サウナも気軽に行けちゃうのが良いですよね。スーパー銭湯とかですと大体朝は9時〜10時頃じゃないですか?

これはどうでもいい話ですがお手洗いの個室扉のすべり出し戸?って言うのかな?初めて見ました。開きでも引き戸でもないこの感じが温浴施設では初めて見ました。

その他に館内は湯上り処のスペースに訪問時は真っ暗でしたが大広間もありました。受付前には地元の土産等も販売されております。

食事処は建物お隣の『とりみ亭』という所で摂れるみたいです。あぽん西浜さんの横には宿泊施設もあり、お泊りする事も可能です。日本海沿いなので夏は海水浴等でコロナ前は賑わっていたのかな?


とめ

現在は山形県自体に店名サウナやサウナ専門店等は無いために評価の基準等がまた異なりますがあぽん西浜さんは破格の入浴料の安さ等を踏まえて、このサウナ室にこの水風呂と来たら県内トップクラスに入ると思います。

元々、前評判は良いと聞いていたので少し距離はありますが山形県にサウナ旅に来た時には無理してでも寄る価値はあると思います。サウナ室も普通に良いですが水風呂をメインに考えた方が良いですね。

少し北上すれば秋田県ですが県が変わるだけで同等の料金でも地元ルールは変わるんです。マイマットやバスタオル持参でサウナ室で敷いて入るルールは都内近郊のサウナに行き慣れた人はマットは当たり前の感覚(私もそうでした)だと思います。。

各都道府県によってサウナにも暗黙のルールがあるので手間かもしれないですが遠征組はきちんと地元ルールに乗っ取ってサウナに入りましょう。自分ルールではなく、周りに合わせてサウナに入る自覚もサウナーを自称するなら大切な事です。以上。

施設概要

施設名称 鳥海温泉保養センター あぽん西浜
住所 山形県飽海郡遊佐町吹浦西浜2-70
アクセス
  1. 羽越本線吹浦駅から徒歩17分
  2. 町営バス【女鹿線】あぽん西浜前下車
  3. 山形自動車道酒田みなとICから国道7号を遊佐方面へ14km
TEL 0234-77-3333
営業時間 06:00〜22:00(最終受付 21:30)
定休日 毎月第2・第4月曜日
入館料 上記料金写真を参照
駐車場 100台完備
公式HP 鳥海温泉保養センター あぽん西浜

さいごに

一緒にサウナ旅をする宇多田サウナの記事が掲載されております。併せて宜しくお願い致します!

※2021年12月28日発売の最新号です!SAUNA BROS vol.3では『弾丸サ旅 in 山形 報告メモ』というテーマで1泊2日で20施設巡った探検記!

SAUNA BROS vol.1では『肌師スペシャルトーク』というテーマで水風呂に特化した話と全国のオススメ水風呂を紹介!

『SAUNA BROS vol.2では『真髄サウナとサ界遺産を追い求めて』というテーマで全国47都道府県のサウナ施設を紹介!

   \\この記事をSNSでシェア//

スポンサーリンク

関連記事