toggle
2021-01-02

千葉県サウナ&水風呂 馬橋湯(馬橋バスセンター)

千葉県松戸市 JR馬橋駅近くにあります『馬橋湯(馬橋バスセンター)』の銭湯サウナの紹介となります。

馬橋湯さんのサウナ・水風呂・外気浴についての詳細とまとめコメントをタキオン独自の観点にて記載しております。

馬橋湯(銭湯サウナ)

タキオン

バスセンターと聞いて、バス停にある銭湯を思い浮かべましたがバスはbathでした!

ここがPOINT!

  • コンパクトなサウナ室だが座る位置で温度がガラッと変わる
  • 水風呂は地下水掛け流し
  • 涼めるデッキあり

ウナ室

サウナ室基本情報

  • サウナ室温度:温度計は118°だが体感は座る位置によって変化ありますが90°〜100°くらい
  • 構造&広さ:2段式で6人入ればいっぱい
  • サウナストーブ:サンエンジニアリングの旧式遠赤外線ストーブ1基
  • サウナマット:オレンジ色マットあり
  • テレビ:ありだが音量小さくて聞こえない
  • サウナタイマー:普通の時刻時計あり

ウナ室について

サウナ室はコンパクトタイプ。サウナ室入って横式の2段式です。

温度計は118°くらいを指しておりますが実際はサウナ室入って1番奥のストーブ側に座れば、遠赤外線ストーブの輻射熱がもろに受けれるので体感は熱めです。それでも体感100°くらいです。

ですが扉前に座ると少し熱が落ちて体感90°ないくらいです。コンパクトながら同じ2段目でここまで体感が変わるので1番奥でグリルによって発汗するのが理想です。ストーブ位置から座面が近いので。

下記のサウナ操作盤が脱衣所側にありますがサウナバッグという名前は初めてみました。実際の設定温度はサウナバックを見る限り、98°で設定しておりました。


風呂

水風呂基本情報

  • 構造&形:サウナ室出て、すぐ横にあり、2人は入れる大きさ
  • 水温:12月末に訪問時は約17°
  • 冷却:あり
  • 特徴:地下水掛け流し

風呂について

水風呂自体は帰りに受付のおばちゃんと少しお話しさせて頂き、地下水から汲んでいるとのことです。

もちろん衛生面で塩素消毒しているとのことですが塩素感はあまり無く、水自体は悪くないです。銭湯の水風呂入るならこういう水風呂が良いですね。


気浴

外気浴基本情報

  • 外気浴スペース:浴場内には無く、脱衣場奥にスペースあり
  • 休憩イス:なし
  • その他:なし

気浴について

浴場内は露天風呂等もなく、昔ながらの銭湯の浴場です。

外気浴スペースではありませんが脱衣場の奥に上記写真のベランダがあり、サウナ→水風呂→こちらのスペースで立ったままですが外気浴は可能です。

一応、このスペースはトイレまでの動線となっているために邪魔にならないように休憩しましょう。

メント

入館方法

  • 下足は木札式で館内入り、券売機ではなく受付にて精算となります。サウナ利用の場合はサウナ利用する旨を伝えて、木札を預けて黄色のサウナバンドを受取る。タオルが必要でしたら受付に伝えれば1枚借りれます。帰りは受付に返却。
  • 脱衣ロッカーは空いてる所を利用します。銭湯なので浴場内にはシャンプー類は無いので持参するか受付で購入しましょう。

館内入って、小休憩スペースに昔ながらの背中ゴリゴリマッサージ機があります。小休憩スペースですが2~3人しか座れないですので入ってサクッと出る感じです。

すぐ近くに良い雰囲気の昭和の居酒屋さんがあり、行ってみたかったですがここまで電車で来る勇気は無いです・・・。


とめ

馬橋バスセンターの意味は路線バスのバスセンターではありません。詳しくは聞いてないですが、意味合いは『お風呂=bath 』でbathセンターって言う意味だと思います。

大晦日の夕方に訪問したせいか浴場内は地元のお客さんでかなり混雑しておりました!帰りに受付のおばちゃんからも今日は大晦日だからなのかいつもより混んでるよって言ってました。

最初、入った時は受付のおばちゃんは寡黙な感じでしたが帰りは気さくに話してくれました。浴場内のお湯は地下水利用で薪で炊いてるとのことです。そのせいか確かに肌触りは良かったです。

ここはあの境南浴場さんと同じ『コミュニティセントウ』を謳っているのでサウナがどうとか水風呂がどうとかは気にせずにその街の人間模様が見て、ほっこり楽しむのが銭湯の良い所ですよね。

施設概要

施設名称 馬橋湯(馬橋バスセンター)
住所 千葉県松戸市馬橋95
アクセス 馬橋駅東口下車徒歩1分
TEL 047-341-3247
営業時間 15:00〜23:00
定休日 水曜日・第1第3木曜日
入館料
  • 千葉県公衆浴場料金:450円
  • サウナ利用:200円
駐車場 3台(銭湯横)
公式HP 公式サイト無し

   \\この記事をSNSでシェア//

スポンサーリンク

関連記事