toggle
2020-09-17

茨城県サウナ&水風呂 あそう温泉 白帆の湯

あそう温泉 白帆の湯

茨城県行方市にあります『あそう温泉白帆の湯』の日帰り温泉施設のサウナ紹介です。霞ヶ浦が目の前!

目 次

①サウナ室 

  1. サウナ室内のスペック&サウナ室について感想&まとめコメント

②水風呂  

  • 水風呂のスペック&水風呂について感想&まとめコメント

③外気浴

  • 外気浴のスペック&外気浴について感想&まとめコメント

④コメント

  • 入館方法&施設についての総括

⑤施設概要

  • 概要&位置情報マップ

サウナ室

引用元:あそう温泉白帆の湯

サウナ室基本情報

  • サウナ室温度:訪問時は約98°
  • 構造&広さ:L字の2段式
  • サウナストーブ:ボナサウナ(設計はFSジャパンさん)
  • サウナマット:あり(ビート板もあり)
  • テレビ:あり
  • サウナタイマー:あり

サウナ室について

サウナ室に窓がありますが窓からは霞ヶ浦は見えません。

温度計は98°を指しております。湿感もあってニューウイングにいるような感覚。背面格納式のボナサウナです。設計はフィンランドサウナジャパンさんっぽくてストーブはボナなのでわからないっす。

開店と同時に行きましたが平日朝から地元のおっちゃんでサウナは賑わっておりました。それも長くずぅーっと入りながらお喋りが凄い。でも地元訛りをサウナ室で聞けるのは案外好きな方です。

コロナの影響でサウナ室内の会話はお控え下さいと貼り紙がありますがそんなのお構いなしでずっと喋ってました。地方の場合って温浴が地元民のコミュニケーションの場の1つだと思うので私は全然気にしてないですね。でもおっちゃんはちゃんとタオルで口を囲ってる喋ってるのでOKです。喋ってないけど私も真似してタオルで囲ってました。

水風呂

水風呂基本情報

  • 構造&形:2人入ればいっぱいくらい
  • 水温:9月中旬訪問時は約20°
  • 冷却:なし
  • 特徴:茶褐色の水風呂

水風呂について

水風呂はサウナ室出てすぐの所にあります。2人入ればいっぱいくらいの大きさです。

茶褐色の水風呂なので帰りに受付の人に聞いたら井戸水使用とのことです。夏場は温いって言われるんですよね~っとお話されてました。確かに水温自体は20°くらいだったと思います。

外気浴

引用元:あそう温泉白帆の湯

外気浴基本情報

  • 外気浴スペース:露天エリア
  • 休憩イス:ベンチあり
  • その他:霞ヶ浦一望

外気浴について

露天風呂があり、そこにベンチが1つあります。露天のデッキスペースからは霞ヶ浦が目の前で一望出来ます。

浴室内にはととのい椅子等はありませんでした。露天じゃないけど浴室内の温泉からも霞ヶ浦が一望出来ます。

引用元:あそう温泉白帆の湯

コメント

入館方法

  • 券売機にて入浴券を購入。靴を脱いで下足は100円リターン式。入浴券と下足キーを受付に渡してロッカーキーを受取。浴場は3階。

最近は地方に行くとバス停になっている温泉施設を見つけるとなんだか嬉しい。そのうちバス停になっているサウナがあるところって本を作りたいくらいです。

その他に館内は食事処に大広間等があります。この大広間には将棋盤などがあり、地元のおっちゃんの娯楽スペースにもなっております。

まとめ

建物のテラススペースを出れば霞ヶ浦を一望出来ます。一望していると露天風呂のスペースから先ほどサウナ室で話していたおっちゃんの声が丸聞こえで思わず笑っちゃいました。

下記の写真の向かって左側の建物が浴場や食事スペースで右側はコテラスカフェや地元の野菜などを販売していたり地域コミュニティーセンターみたいな感じです。

茨城県でも南の方ですが地方に遠征に来た感があってとても和む施設でした。どこも外れが無いし、水は良いし茨城を舐めちゃあかんですよ。

施設概要

施設名称 あそう温泉 白帆の湯
住所 〒311-3832 茨城県行方市麻生421-3
アクセス
  • JR鹿島線潮来駅から関東鉄道バス玉造駅行きで25分、麻生天王崎下車徒歩すぐ。
  • 常磐自動車道土浦北ICから国道355号を潮来方面へ40km
TEL 0299-80-6622
営業時間 10:00~21:00
定休日 毎週水曜日
入館料
  • 大人720円
  • 大人530円(17:00~)
  • レンタルタオルや作衣あり
駐車場 120台完備
公式HP あそう温泉 白帆の湯
   \\この記事をSNSでシェア//

スポンサーリンク

関連記事