toggle
2020-09-02

鹿児島県サウナ&水風呂 シティホテルイン国分城山温泉

鹿児島県霧島市国分にあります『シティホテルイン国分 城山温泉センター』さんのホテル併設の日帰り温泉施設のサウナ紹介となります。

シティホテルイン国分 城山温泉センターさんのサウナ・水風呂・外気浴についての詳細とまとめコメントをタキオン独自の観点にて記載しております。

シティホテルイン国分
(城山温泉センター)

タキオン

霧島界隈では1番水が良いかも。

ここがPOINT!

  • サウナ室がかまくら型??
  • 水風呂を求めにここに来ました!
  • 歴史を感じる浴室や館内

ウナ室

サウナ室基本情報

  • サウナ室温度:訪問時約95°
  • 構造&広さ:かまくら型で2段式で対面は1段式
  • サウナストーブ:オリンピアさんの遠赤外線ストーブ
  • サウナマット:あり(ビート板もあり)
  • テレビ:あり
  • サウナタイマー:あり

ウナ室について

サウナ室は内風呂を抜けて外にあります。外観はかまくらのような形をしたサウナ室です。中に入ると1段と2段の向かい合わせの構造となっており、チョコミント色のサウナマットが特徴的です。確かビート板もあった記憶があります。テレビもあります。

サウナストーブはガス遠赤外線が1基。オリンピア工業さんのストーブ。温度自体は95°くらいで乾燥気味のサウナ室。

ホテル併設で日帰り入浴は朝からやっておりますが昼間から地元のおっちゃんがちらほらいる感じです。サウナ室は形が面白くて体感として遠赤外線サウナという感じですね。


風呂

当温泉の水風呂は古くより名水と呼ばれた『筒之口名水』を使用いたしております。この水は、江戸時代から酒の製造に用いられるほどおいしい水として有名だったようです。鹿児島の自然と歴史がが育んだ名水で、気分爽快。

引用元:シティホテルイン国分公式HP

名水『国分筒之口の由来』

古文書「国分諸古記(下巻)」及び「国分郷土史」によりますと、この名水の由来は正長年間(1429年)まで遡ります。霧島市上小川の山麓に湧出するこの清水は正長2年から「筒之口名水」と呼ばれるようになり、江戸時代から大正時代に至るまで豊富な湧出が酒(焼酎)の製造に盛んに用いられたようです。シラス台地の裾野に位置するこの町では、現在でも山肌に竹の筒などを突き刺したり、管を廻らせて採取した痕跡があり、厚いシラス層によって磨かれた清澄な水流が筒の先から溢れ出る有様からその名が由来したものと推察されます。現在では、この湧水はシティホテルイン国分及び城山温泉の飲料水や生活用水として重用され、近隣の人たちをはじめ温泉の入浴客もペットボトルやポリタンクにて持ち帰り、飲料水、お茶、コーヒー、あるいは炊飯などに広く愛用されています。

引用元:シティホテルイン国分公式HP

水風呂基本情報

  • 構造&形:長方形型で3人は入れる大きさ
  • 水温:12月下旬訪問時は18~19°
  • 冷却:なし
  • 特徴:霧島の名水

風呂について

引用が長くなりましたが今回ここに来たのはこの水風呂です。サウナは正直、写真さえ見れば想像が付きますが、水風呂だけは入ってみないとわからないので行くしかないんです。

上記の引用の通りに蛇口から水を足すこともでき、溢れです。チラーが入っていないために水温自体は18~19°くらいです。

なんだろうこのちょっと特殊な感じの水ではあります。浸かっている時に一番気持ち良い水風呂かもしれないです。誰が入っても水の良さがわかる水風呂です。出た後の肌感自体は薄いもののスっーと身体から良質な水が抜ける感じがたまらないです。サウナ室が外部なので水風呂入るのは内風呂に戻る形です。

※水風呂の写真撮影許可済み


気浴

引用元:シティホテルイン国分公式HP

外気浴基本情報

  • 外気浴スペース:露天エリアありますが故障中で利用出来ず
  • 休憩イス:ととのい椅子等はなし
  • その他:特になし

気浴について

露天風呂はありますが訪問時は故障中で入れなかったです。浴室内にはイス等もないので、水風呂の縁で休憩する感じです。そもそも水が良いから外気に触れさせるのはもったいない気がします。

メント

入館方法

  • 入館方法は受付におばちゃんがいるために入浴料を直接支払い、浴室入り口に入って靴を下駄箱に入れる式。
  • 脱衣所はロッカー式とカゴがあります。各シャンプー類は完備。

とめ

ホテル宿泊者はホテルからそのまま来れますが日帰り利用の場合はホテルの方の駐車場では無く、温泉マークのついた建物が見えますのでそちらの入り口から入館する形です。

ホテル自体は小綺麗ですが温泉の建物自体はかなり年季が入ってます。中の写真や浴室も歴史ある銭湯に来た感あります。受付前の写真ですが地元の野菜や自販機、奥にはちょっとした休憩座敷もあります。

ここは狙って来る所ではない気がします。車じゃないとアクセスも大変であり、サウナ旅をする時には鹿児島の霧島温泉郷と一緒に次いでで来たほうが良いかもしれないです。サウナ室は普通ですが水風呂だけは一級品です。以上。

施設概要

施設名称 シティホテルイン国分 天然温泉城山温泉センター
住所 鹿児島県霧島市国分上小川4257 
アクセス
  • JR国分駅から車で8分日豊本線
  • 国分駅より徒歩約45分
  • 九州自動車道 溝辺鹿児島空港ICより市街地方面へ22分
TEL 0995-45-8181
営業時間 6:00~23:00
定休日 不定休
入館料 大人420円
駐車場 多数完備
公式HP シティホテルイン国分
   \\この記事をSNSでシェア//

スポンサーリンク

関連記事