toggle
2021-10-02

埼玉県サウナ&水風呂 行田・湯本天然温泉 茂美の湯

埼玉県行田市にあります『行田・湯本天然温泉 茂美の湯』さんの日帰り&宿泊施設のサウナ紹介となります。

茂美の湯さんは『左側』・『右側』と男女日替わりで浴場が変わります。今回は左側の紹介です。

茂美の湯さんのサウナ・水風呂・外気浴についての詳細とまとめコメントをタキオン独自の観点にて記載しております。

湯本天然温泉 茂美の湯

タキオン

温泉と大衆演劇が凄い! 

ここがPOINT!

  • サウナ室の壁色が良いね!
  • 水風呂は露天で水量豊富!
  • 大衆演劇!

ウナ室

引用元:行田・湯本天然温泉 茂美の湯公式

左側サウナ室基本情報

  1. サウナ室温度:訪問時約90°
  2. 構造&広さ:5段のタワー式で20人は入れる広さ
  3. サウナストーブ:遠赤外線ストーブ2基
  4. サウナマット:オレンジ色マット
  5. テレビ:あり
  6. サウナタイマー:あり

左側ウナ室について

サウナ室温度

訪問時は約90°で恐らくブレ等なく、大体これくらいの温度と思われます。

そこまでカラカラな印象は無く、遠赤外線ストーブでタワー型の5段ですが奥行きが他のタワー型と比べてコンパクトなので体感としても結構熱めでした。

構造&広さ

5段のタワー型です。面白いのが内風呂側と露天側と出入りが2箇所から出来ます。露天側から出るとすぐに水風呂があります。

壁のコンクリの色も薄緑色でサウナ室では初めて見る色でした。そして下段の方は石張りになってます。

色の温かみと言いますか視覚としても優しくて地元にあったら通いたいくらいに良い造りのサウナ室だと思います。

サウナストーブ

遠赤外線ストーブがテレビ挟んで2基です。遠赤外線ストーブにタワー式の王道な造りですね。

サウナマット

オレンジ色マット常設です。

テレビ・BGM等

テレビ完備です。

サウナタイマー

METOSのサウナタイマーあります。

その他・コメント等

遠赤外線ストーブのタワー式って私の勝手なイメージですが温度計の割に体感ぬるくて汗がかきづらいイメージでしたがここのサウナ室は気密性も高くて良い発汗です。

汗がかきづらいのは最初の発汗はある程度、どこも変わらないですが第一発汗後の第二発汗まで時間がかかり、汗のかき負けで少しブルっと冷える感覚ですね。

構造や換気も良いですね。やっぱり大衆演劇をやっている施設はサウナ室も間違いないと勝手に思っております。

上記の通りに薄緑色の壁も良い味が出てます。個性ある遠赤外線サウナでここは万人にオススメ出来るサウナ室と言えるでしょう。


風呂

引用元:行田・湯本天然温泉 茂美の湯公式

左側水風呂基本情報

  1. 構造&形:10人は入れる水風呂
  2. 水温:5月下旬訪問時は約17°
  3. 冷却:あり
  4. 特徴:井泉掛け流しで露天

左側風呂について

構造&形・動線

サウナ室の2つある扉の1つから出ると露天に直結され、すぐ水風呂があります。水風呂も広くて10人は入れる広さです。

水温

恐らく通年16〜18°くらいでキープしていると思われます。

冷却

井泉掛け流しみたいですが冷却&塩素消毒はされております。

その他・コメント等

水風呂は露天にあって広いのが嬉しいですね。しかも深い。これくらい水風呂が広い方が気を遣わずゆったり入れて気持ち良いですね。

井泉掛け流しで水自体も安心で埼玉県の中では屈指の水風呂と呼んでも良いかもしれないです。井泉なので水風呂の外見が薄緑褐色です。

これは私の持論ですが掛け流しの水風呂とかでしたら露天じゃなくて内風呂側にあって欲しいですね。

肌感を味わいたいので水風呂出た後にすぐに外気が肌に触れてしまうのは少し勿体無いと言いますか外気が邪魔な気がします。


気浴

引用元:行田・湯本天然温泉 茂美の湯公式

左側外気浴基本情報

  1. 外気浴スペース:露天エリア
  2. 休憩イス:ととのい椅子にベンチあり
  3. その他:露天は面白い

左側気浴について

外気浴スペース

露天エリアにて外気浴可能です。露天風呂の造りや動線がとても面白いです。

休憩イス等

水風呂の近くにととのい椅子があったり、ベンチもあります。

その他・コメント等

露天は立派?と言うよりかは造りが面白いですね。ほぼほぼ健康ランドですが健康ランドでは中々見ない石造りの浴槽や森林溢れる露天風呂で久々に温浴に来て、ワクワクさせてくれた露天風呂でした。

引用元:行田・湯本天然温泉 茂美の湯公式

メント

  • 日帰り入浴の場合は下足はコインレスで受付前に券売機があり、入浴券を購入して下足キーと一緒に受付に渡して脱衣ロッカーキーを受け取る。
  • 浴場内はシャンプー類完備で別料金にて各種レンタルタオル等あります。芝居&浴衣セット等もあり。

引用元:行田・湯本天然温泉 茂美の湯公式

こちらは日帰り温泉側の案内図です。ホテルにもなっており、宿泊も可能で調べてみるとホテルのお部屋のベランダにも温泉があるみたいです。

外観から興奮すること間違いなしですね。この昔ながらの健康ランド感がワクワクさせてくれます。茂美の湯ではなくて行田健康ランドと呼びたいくらいです。

男女日替わりで浴場交替ですが右側・左側の分け方もシンプルで面白いですね。そのままやないかい!ってツッコミたいくらいに。

温泉のことはよくわかりませんが湯量豊富な温泉であることはこれを見てわかります。

そういえば全く触れてなかったですが茂美の湯は『もみの湯』と呼びます。私も最初は『しげみの湯』と思っておりました。これは本当にどうでも話なんですがね…。

茂美の湯に到着した時に真っ先に目に入るのは大衆演劇の看板ですね。

大衆演劇と言えば健康ランド等ではコロナ前には定番で各地の健康ランドに行った時に大広間では地元のおじいちゃんやおばあちゃんで賑わってましたね。

もさく座という名前で別料金なので実際に中は覗いておりませんが今のコロナ禍でも演劇はされているみたいですね。その他に館内は食事処もありますし、小休憩室もあります。


とめ

これは私の勝手な好みですが綺麗でオシャレな温浴施設よりも少し年季を感じる佇まいの方が入る前の期待値が違いますね。

以前にもお話しましたがやっぱりサウナ室に限っては退化?と言ってしまうと失礼ですがある程度、年数経っている方が味や深みが出るような気がします。

壁材等が時間経つと熱さを吸収して深みやコクが出るんですかね?(笑)カレーやないかい!

もちろん新しい所も新鮮な木材の香りや清潔感は出ますが私個人の好みはやっぱり歴史を感じる所の方が好きです。

水風呂に関しましては歴史とか関係なく、地場の水や提供方法等で変わってきますのであくまでサウナ室だけのお話でした。

最後に正直言ってしまうと全く期待していなかった茂美の湯さんですがここまで良いサウナに水風呂があるのはビックリでした。

最初はスパ銭と思っていて、来てみたら健康ランド感満載で面白かったです。とても個性ある健康ランドで私は好きになりました。

すぐ近くにさきたま古墳群もありますので観光ついでに寄ってみてはいかがでしょうか?以上。

施設概要

施設名称 湯本セントラル株式会社 行田・湯本天然温泉 茂美の湯
住所 埼玉県行田市佐間1450-1
アクセス
  1. 吹上駅より「産業道路」下車徒歩15分
  2. 東北自動車道加須ICから国道125号、県道364・77号を南河原方面へ17km
TEL 048-555-2230
営業時間 09:00〜23:00(公式サイトにて要確認)
定休日 年中無休(臨時休業あり)
入館料
  • 平日大人一般:750円
  • 土日祝大人一般:800円
  • その他、会員割引等あり
駐車場 400台(無料)
公式HP 行田・湯本天然温泉 茂美の湯
   \\この記事をSNSでシェア//

スポンサーリンク

関連記事