toggle
2020-11-19

福島県サウナ&水風呂 サ界遺産?バイパスサウナ

福島県二本松市にあります『バイパスサウナ(二本松バイパスドライブイン内)』さんの店名サウナ&サウナ専門店のサウナ紹介となります。

バイパスサウナさんのサウナ・水風呂・外気浴についての詳細とまとめコメントをタキオン独自の観点にて記載しております。

バイパスサウナ
(二本松バイバスドライブイン)

タキオン

福島県にサ界遺産あり!残された昭和サウナの証しがここにあり!

ここがPOINT!

  • これぞ昭和から生き抜いてきた昭和サウナの証し
  • 日本で唯一ドライブインにあるサウナ
  • 古くない!これぞ昭和~令和まで経営するサウナ

ウナ室

サウナ室基本情報

  • サウナ室温度:訪問時105°(日によってブレがあるかも)
  • 構造&広さ:2段式で7人入ればいっぱいくらいの大きさ
  • サウナストーブ:対流式樽型ストーン(Veto Elektro社)
  • サウナマット:改装後は横長のマットに変わった
  • テレビ:ブラウン管テレビあり
  • サウナタイマー:タイマーなしで砂時計あり

私にとって福島県は第二の故郷でもあって、年に3回程は福島県に来ればここ近年はバイパスサウナにお世話になっております。今年はコロナの影響で昨年末以来の訪問でしたがサウナ室のベンチが新調されておりました。店主のお話を伺うと10月に新調したみたいです。

サウナ室の利用は閉店15分前には終了するので時間に余裕を持って来ましょう。久々に訪問してみるとコロナの影響により各種案内紙が貼っております。

  1. 『ウイルスは80°以上の熱で数分間で死滅するそうです』
  2. 『ウイルスは相対湿度50%以上で死滅するそうです。又浴槽水は次亜塩素酸消毒液を基準量自動注入している為安全です』

と書かれております!このコロナ渦なので色々と温浴業界も大変ですが今回のサウナ室のベンチを新調されて私は少し安心しました。

福島市近隣の極楽湯やカッパ王國も閉店もなり、もしかしたらここもいつか閉めるんじゃないか?と不安がここ数年ありましたが新調されたということはまだ今後も営業するのだろうと勝手に安心しております。

そうでなきゃ新しくしませんよね?でもここはブーム関係なく、ターゲットは決まっているので毎日、利用客は少ないけど一定数のお客は入っているんだと思います。

ウナ室について

ある程度は上記で述べてしましましたが福島県にまだ昭和サウナが残されているのは本当に嬉しいです。私の親戚も福島にいることから福島に帰る度にバイパスサウナがある!というだけでワクワクしかないです。

そのサウナ室も2~3年前は110°以上で熱々のサウナ室でしたがここ1年くらいで少し温度下げたのかな?という印象です。それでも100°はキープしているので何も文句はありませんが以前の熱々の昭和ストロングのセッティングをもう一度体感したい気持ちはあります。日によってブレがある気がしますが。

ストーブもフィンランドのVeto Elektro社の樽型ストーブでどこのメーカーが卸しているのかは不明ですが樽型ストーブのサウナ室だと私は毎回ガッツポーズしてしまいます。

ここのサウナ室が不思議なのは換気口が見当たらない所です。サウナ室の換気が悪い訳ではありませんが毎回どこから排気しているのか気になる所ですが扉の開閉で担っているんだろうと思います。

ベンチが新調されましたが背面の所はタオルもないためにちょうど木材の繋ぎ目の釘に背中が当るとアツィ!となるので背中を付けて入る時は釘目を避けるようにして下さい!笑


風呂

水風呂基本情報

  • 構造&形:正方形で2人入ればいっぱいくらいの大きさ
  • 水温:冬場訪問時で約18° 通年18°~20°くらい
  • 冷却:なし
  • 特徴:水道水掛け流し

風呂について

水風呂は水道水掛け流しで常に蛇口から水を掛け流しております。でも福島県も元の水が良いので気にならないです。常に溢れているので嬉しい水です。

全くの余談ですが従兄弟が福島県から嫁いで関東に引越した際にお米を炊いた時に同じお米なのに福島にいた時となんか違うと話しておりました。

水が違うだけでお米の味も変わるんだね!っと話しており、やはり水は各地で全く違うのがよくわかるお話ですよね。


気浴

外気浴基本情報

  • 外気浴スペース:なし(露天エリアがない)
  • 休憩イス:なし
  • その他:サウナ専門店にて外気浴は求めてはいけない

気浴について

浴場内は写真の通りです・・・。これをあなたはどう捉えるかですが・・・。汚い?廃れている?これぞ福島県で何十年も生き抜いてきた証しだと思って欲しい。

どうしても外気浴をしたい方は腰にバスタオルを巻いて、喫煙所がベランダ?にあるためにそこで外気浴が可能です。その他は浴室内の洗い場の椅子で休憩するしかないです。

メント

入館方法

  • 二本松バイバスドライブインの入り口か裏のサウナ提灯が置いてある所から階段で2階へ上がる。裏口ではなくドライブインの入り口から入った方が分かりやすいと思います。(サウナは2階となり、1階はただの浴場のみで受付が違うためにサウナ利用は必ず2階へ)
  • 2階へ上がり、下足入れがあるので下足キーを受付に渡して入浴料を先払いして脱衣ロッカーキーを受取るシステム。
  • シャンプー類は浴場にありますが髭剃りや歯ブラシは別料金でレンタルタオルセットも別料金です。どちらもプラス100円です。

館内の造りは浴場に脱衣ロッカーに洗面所に休憩室のみです。受付の所に給水機もあります。飲食したい方は受付でロッカーナンバーを見せて、1階のドライブインの食事を頼むことも出来ます。こちらの休憩室に食事は運んでくれます。

この休憩室もこれぞ昭和サウナという感じです。福島県に縁がある私は福島に昭和サウナが残っているだけで感無量です。

今までは休憩室で喫煙可能でしたが分煙により上記写真のベランダにて喫煙となりました。休憩室の奥からサンダル履いていけます。このベランダはサウナ室内のブラウン管のテレビの音声が丸聞こえです。まさかここにまで分煙の流れが来ているとは・・・。

1階のドライブインでは食事メニューも豊富でご飯のおかわり無料です。ホルモン焼き定食が人気みたいです(写真はしょうが焼き)。1階のドライブインは24時間営業っても凄いですよね!日曜のみ深夜2時~6時くらいまで休みみたいですが基本は24時間営業ってサービスエリア以外に無い!

昔は東北自動車道が出来るまでは国道4号線がドライバーにとってのメイン道路だったのでそのために今尚、長距離ドライバーさんのためにも24時間で営業しているみたいです。ドライバー以外にも普通に食事をしに来ている地元の方もいっぱいおります。

昔は仮眠室というか宿泊所も2階にありますが現在は宿泊を営業している感じはありません。昭和時代はここに来れば食事も出来て、風呂も入れて、ゲームコーナーやマッサージもあってここに来れば全てが賄えていた時代背景は今でも残っております。

最初に来た時は高齢のおじいさんが店主でしたが1年前くらいから息子さんかな?少し寡黙な店主に変わっております。


とめ

現在、全国的にもサウナ専門店ってどんどん減って来ておりますが福島県にはここバイパスサウナと郡山に駅前サウナ24があります。大都市ではなく地方でサウナ専門店が2つ残されているのは各都道府県の中でも貴重なサウナ県と呼びたいくらいです。忘れていましたがいわき市にもキュアいわきもありますね。現在は店名変わっておりますが。

以前はカッパ王國等に行っておりましたがサウナを好きになり、こちらにサウナがあることを知ってからは帰省する時の楽しみとなっておりますバイパスサウナに来ることが。

福島県もここの近くには岳温泉や少し離れますが飯坂温泉等もあって温泉県のイメージが強いですが温泉はあくまでも観光客がメインのターゲットであり、サウナは日常使いで云わば地元客やここは長距離ドライバーさんの癒しスポットとなるわけです。でも県や市町村からしたら温泉は観光資源になりますが・・・。

・・・っと何が言いたいのか自分でもよくわかりませんが、こういうサウナが令和になっても末永く続いて欲しいだけなんですよね。過疎県のサウナの在り方も将来はお先真っ暗ですがここ近年は有難いことに遠方からもサウナーさんがよく来られているのも見かけます。

今の時代に逆を言えばこういう昭和サウナはサ界遺産になりつつあるので福島県で昭和の雰囲気や熱いサウナに入りたい時はバイパスサウナがあります。有難うバイパスサウナ!福島サウナの誇り!

恐らく年に最低2回は福島県に来るのでまた何か変化あったら記事を更新していこうと思います。以上。

※施設内の写真は許可済み

あわせて読みたい

施設概要

施設名称 バイパスサウナ 二本松バイパスドライブイン
住所 〒964-0862 福島県二本松市杉田駄子内47
アクセス
  • JR東北本線杉田駅 徒歩約16分
  • JR東北本線に二本松駅より約30分
TEL 024-323-3519
営業時間
  • 月曜~土曜:13:00~19:45まで
  • 日曜:11:00~18:00まで
定休日 毎週水曜日
入館料
  • 通常入浴:800円
  • 1時間コース:500円
  • 別途タオル等のレンタル有り
駐車場 30台・大型15台
公式HP 公式サイト無し

   \\この記事をSNSでシェア//

スポンサーリンク

関連記事